歯が痛い・しみる~一般歯科~|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

「痛い」「しみる」があったらむし歯かもしれません

「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状が気になることはありませんか? もしかすると、それはむし歯のサインかもしれません。自覚症状が出る程度まで進行したむし歯は放っておいても治りませんので、「痛い」「しみる」といった感覚が強くなる前に治療しましょう。

むし歯のメカニズム

むし歯の原因

むし歯

むし歯の原因となるのは、プラーク内に潜む大量のむし歯菌です。このむし歯菌が口腔内に残った食べカスに含まれる糖分を栄養源として酸を作り出し、この酸によって歯が溶かされるとむし歯になってしまいます。

脱灰と再石灰化のサイクル

脱灰と再石灰化のサイクルのグラフ

お口の中では、常に歯質のミネラル分が溶け出したり、吸収されたりしていることをご存知でしょうか? このミネラル分が溶け出す作用を「脱灰(だっかい)」といい、逆に溶け出したミネラル分が再び歯に取り込まれる作用を「再石灰化(さいせっかいか)」といいます。

口腔内では絶えずこの脱灰と再石灰化が繰り返されており、脱灰のスピードが再石灰化のスピードを上回るとむし歯になります。なお、ごく初期のむし歯なら再石灰化を促すことで進行を止めることができます。

むし歯を放置すると、どんな危険がある?

  • 痛みがなくても進行する
  • 痛みが徐々に激しくなる
  • 治療が難しくなる
  • 治療時の身体的負担が増える
  • 通院の回数が増える
  • 治療期間が長くなる
  • 治療費の負担が増える

むし歯を放置することにはさまざまなリスクがありますが、早期発見・早期治療に努めることでこれらの不安を解消できます。

歯の平均寿命

以下のイラストは、厚生労働省が1999年に出した日本人男女の永久歯の平均寿命です。日頃のメインテナンスが不十分だと、早く歯を失ってしまうことにつながります。歯を1本でも失うと隣接する歯にダメージがおよんで歯列のバランスが崩れ、結果的にすべての歯を失ってしまうことにつながるため、「すべての歯を健康に維持する」という意識が重要です。

当院は予防歯科に力を入れています

むし歯?それとも知覚過敏?

「歯が痛い」「歯がしみる」という場合、原因として考えられるのがむし歯と知覚過敏です。神経が過度に刺激されて症状が出るという点ではどちらも同じですが、メカニズムが異なるため、治療方法も異なります。いずれにしても適切な処置を行う必要がありますので、お早めに歯科医院へお越しください。

知覚過敏とは?

知覚過敏は、強すぎる歯みがき・歯ぎしり・食いしばりなどによって歯のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が露出することで「キーン」という鋭い痛みが生じる疾患です。歯質を強化するフッ素を塗布したり、歯科素材で痛みのひどい部分を覆ったりして改善させます。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期のむし歯】

C0 【ごく初期のむし歯】

エナメル質が酸によって溶けはじめた状態です。白く濁っているものの歯に穴はあいておらず、痛みもありません。 丁寧なブラッシングやフッ素塗布により、治ることもあります。

C1
【エナメル質のむし歯】

C1 【エナメル質のむし歯】

エナメル質に穴があき、黒ずんで見えます。痛みは強くありませんが、冷たいものがしみることがあります。 むし歯に侵された部分を削り、削った部分を歯科用プラスチックやセラミックなどで補います。

C2
【象牙質のむし歯】

C2 【象牙質のむし歯】

エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態です。冷たいものや甘いものがしみるようになります。 むし歯に侵された部分を削り、詰め物で補います。C1よりも穴は大きく、深くなります。当院はこの段階でレーザー照射やフッ素塗布を行います。

C3
【神経まで達したむし歯】

C3 【神経まで達したむし歯】

歯の奥にある神経までむし歯が到達した状態です。何もしていなくてもズキズキと激しい痛みが生じます。 むし歯に侵された神経を除去し、神経が入っていた根管内部を消毒して薬剤を充填します(根管治療)。

C4
【歯根まで達したむし歯】

C4 【歯根まで達したむし歯】

歯がほとんど溶け、歯根までむし歯に侵された状態です。 抜歯になるケースとまだ残せるケースに分類できます。健康で丈夫な根であれば抜かずに済むケースもあります。

重度のむし歯治療

むし歯がエナメル質、象牙質を経て神経まで到達してしまった場合は、「根管治療(こんかんちりょう)」が必要になります。根管治療は、むし歯菌に侵された神経が入っている管(根管)から汚染された組織を徹底的に除去し、内部を消毒してむし歯菌が入らないように薬を詰めて密封する治療です。

レーザーによる根管治療

根管治療は通常のむし歯治療よりも難易度が高く、患者さんの負担も大きいですが、レーザーを用いることでより安全・確実な治療を行うことができます。保土ヶ谷区新桜ヶ丘の歯科医院「エミデンタルクリニック」では、根管治療にYAGレーザーを採用。深刻なむし歯でも、抜歯を避けて歯を残せる可能性が高まります。

レーザーを使用することのメリット

  • 根管内を無菌化して再発を予防する
  • 根管治療後の腫れを抑える
  • 根管治療後の回復を早める

保険診療におけるむし歯治療の考え方

虫歯治療の様子

保険診療で奥歯のむし歯を治療する場合、比較的小さな詰め物被せ物の2次カリエス(2次的な虫歯)には、当院では時間をかけてコンポジットレジンの充填を行っています。銀歯は天然歯に比べて何倍も重く、片側だけに重い金属の詰め物が入っていると徐々に顔の左右のバランスがゆがんでしまう可能性があります。コンポジットレジンなら天然歯と重さのバランスが取れるので、顔にゆがみが生じるリスクを減らすことができます。

どなたにも歯科治療を受けていただくために~訪問歯科~

「エミデンタルクリニック」では、横浜市保土ヶ谷区近隣の方に、訪問診療(訪問歯科)を行っています。

当院の訪問歯科の特徴

老夫婦

  • 保土ヶ谷区近隣のエリアが対象です。
  • 個人のご自宅が中心ですが、老人ホームや介護施設にもおうかがいします。
  • 事前に歯科医院にお電話いただいて訪問日時を決める「予約制」を採用しています。
  • 当院の診療時間内でご都合に応じてご予約いただけます。
  • 各種検査、歯のクリーニング、入れ歯の作製や調整、入れ歯のクリーニング、虫歯治療や歯周病治療などに対応いたします。