歯ぐきから血が出る~歯周病~|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

歯周病は気づかないうちに進行する怖い病気です

歯みがきのときに出血があったり、あるとき強い口臭を感じたりすることはありませんか? そういった症状は、歯周病のサインです。歯周病にはむし歯のような鋭い痛みがないので、放置してしまう方も少なくありません。しかし、歯周病は進行すると最終的に歯が抜けて落ちてしまう恐ろしい病気。「痛くないから……」と甘く見ず、早めに治療しましょう。

30秒でできる、簡単歯周病チェック

「サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)」の異名を持つ歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどありません。そのため、気づかないうちに重度まで進行してしまうことがあるのです。まずは以下のチェックリストで確認してみましょう。

上記で1つでも該当する項目があった場合は、すでに歯周病にかかっている可能性があります。また、該当項目がなかった方も、歯周病は誰にでも起こりうる病気であることを認識して適切な予防ケアを続けましょう。

歯周病の進行段階

  進行段階 症状
初期

歯肉炎

歯肉炎

歯ぐきに軽度な炎症が起きている状態です。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは4mm程度です。3mm程度でも内側が出血したら歯肉炎です。
中期

軽度歯周炎

軽度歯周炎

顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシング時の出血が増え、冷たい水がしみるようになります。歯周ポケットの深さは5mm程度です。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

顎の骨が半分くらい溶けた状態で、歯を指や舌で押すとグラグラします。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは6mm程度です。
末期

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨の大半が溶けている深刻な状態です。歯ぐきが下がることで歯が長く見えたり、膿が出て口臭がより強くなったりします。歯周ポケットの深さは8mm程度です。

当院の歯周病検査・治療

検査方法
歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯周ポケットの深さを調べる検査です。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の動揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、揺れの程度を調べる検査です。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べる検査です。根の周囲の深いポケットに付着している歯石の有無や1本1本の歯の根の健康状態をチェックします。
治療方法

スケーリング

スケーリング

比較的軽度な症状の歯周病に対して行う治療です。「スケーラー」という器具を用いて、普段のブラッシングでは取り除けないプラークや歯石を取り除きます。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

「キュレット」という器具を使って、スケーリングでは除去しきれない歯周ポケット奥深くのプラークや歯石を取り除きます。同時に、プラークや歯石を除去した後のざらざらした歯面をツルツルに仕上げることで、汚れの再付着を防止します。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

軽度歯周炎や中等度歯周炎に対して行う外科処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内に付着したプラークや歯石、膿、感染した歯周組織をきれいに除去し、歯肉形態修正を行います。また必要に応じ、レーザーも照射します。

PICK UP 当院ではレーザー治療を採用しています

中等度以上の歯周炎に対して、当院では適切な光を照射して炎症組織を焼き取るレーザー治療を行っています。レーザー治療には、「痛みが少ない」「歯石が再付着しにくい」「術後の回復が早い」などのメリットがあり、進行しそうな歯周病を抑え、口臭も減って少しでも長持ちできるよう対処します。

歯周病は治療後のケアが重要です。

歯周病は再発しやすい病気です。たとえ治療が終わったからといって、安心してはいけません。治療後は予防ケアを積極的に受け、症状が再発しないように健康な状態を保ちましょう。横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘の歯科医院「エミデンタルクリニック」では、定期検診にも力を入れています。

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック