神経を取る治療について

皆様、こんにちは。衛生士マチコです。

 

今回の内容は「神経を取る必要のある治療」についてです。

 

歯の神経は、歯を活かしてる大切な器官です。でも、細菌が入り込んだり神経が死んでしまったらその歯を残す為に、感染した神経ごと細菌を取り除く必要があり、その為の治療が「根管治療(歯の根の治療)」です。歯の中の外科手術の様なものですね。

 

細菌の繁殖している歯の内部を除去し、歯根の長さを測り、傷めないように細心の注意を払って神経を取り除きます。そして空になった根管内を薬液で洗浄し、殺菌します。

 

歯根の形は皆様それぞれですので、施術は難しく、無理をすると歯を壊してしまう恐れがあります。その為にも根管内をできるだけ殺菌してから薬を塗布するので、この過程で治療回数がかかることも多々あります。

 

また、歯根の治療中、すぐに痛みが引かないこともあります。その理由は神経の働きにあります。

 

小さいとは言え、歯から脳まで繋がっている神経の1部を切り取る外科手術ですので、怪我をした後、縫ったときと同様、ズキンズキンという痛みが数日続くことも多いです。通常は数日後に痛みが徐々に引いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA