歯周病について

皆様こんにちは、衛生士のまちこです。

 

今回は歯周病についてお話致します。

 

歯磨きをすると、歯肉から血が出たことはありませんか?

 

疲れると歯が浮く感じがしたこと、ありませんか?

 

また、どなたかにお口が臭いと言われたことありませんか?

 

 

働き盛りの40代以上の方のなんと8割程が歯周病にかかっていると言われています。

 

しかも、痛みを伴わずひっそりと進行するので、つい受診が遅れがちになり、歯を失ってしまうリスクを抱える原因となってしまいます。

 

歯周病は細菌による感染症です。

 

歯周病菌はお口の中の常在菌で、歯の磨き残しなどによる細菌の塊(プラーク)が成熟し、その菌がパワーアップして炎症を起こします。すると、歯を支える歯周組織が破壊されて、最終的には歯が抜けてしまうのです。歯周病の治療の基本は原因菌の除去です。

 

軽い歯肉炎ならプラーク除去でOKです。

 

歯石がついてしまうと歯ブラシではもう取れません。スケーラーという機材で除去し、歯面をツルツルに磨きます。

 

しかし、歯周組織が3分の2以上失われていたり、抜ける寸前だったりすると治療が困難になります。

 

歯周病治療の開始は早い程有利です。

 

まず検診から始めては如何でしょうか?

 

当院はクリーニングだけで来院している患者様も多数いらっしゃいますよ^^