噛み合わせが合わない~咬合調整~|保土ヶ谷の歯科・歯医者|エミデンタルクリニック

噛み合わせが合わない~咬合調整~|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

噛み合わせの違和感は放置せずにご相談ください

「むし歯治療などで入れた詰め物・被せ物や入れ歯が合わなくなってきた……」ということはありませんか? 治療直後はしっかり噛み合っていたのに、いつからか歯の痛みや顎のだるさが気になり始めたという方も珍しくありません。噛み合わせが悪いと、うまく咀嚼できなかったり、不自然に力がかかってさまざまなトラブルを引き起こしたりしてしまいます。

保土ヶ谷区新桜ヶ丘の歯科医院「エミデンタルクリニック」では、噛み合わせを改善するために咬合調整を行っています。噛み合わせの違和感があったらすぐにご相談ください。

噛み合わせの悪さが及ぼす悪影響

噛み合わせが悪いと、歯はもちろん、全身にさまざまな悪影響を及ぼす危険があります。

よく噛めない・咀嚼しづらい

咀嚼効率がよくないため、食べ物を細かく噛み砕くことができなくなります。咀嚼が不十分だと胃腸に負担をかけるだけでなく、体内に栄養をうまく吸収することができません。

運動能力を低下させる

顎の位置がゆがむと全身のバランスが悪化するので、運動能力の低下につながります。噛み合わせを改善することで、よりスムーズに歩けるようになったり、より大きな力が出せたりします。

顎関節症になりやすい

歯と歯がしっかり噛み合っていないと顎がずれやすくなるため、顎関節症になりやすくなります。顎関節症になると口を大きく開けられなくなったり、開口時に音がなったり、耳閉感が生じたりします。

頭痛やめまい、肩こりなどを引き起こす

頭痛やめまい、肩こりなど、全身にさまざまなトラブル(不定愁訴)を引き起こすリスクがあります。また、うつ病になりやすい、視力が低下しやすいという報告もあるようです。

PICK UP 奥歯でも放置してはいけません

奥歯が抜けたまま放置していませんか? 「前歯と違って見えにくいから……」と軽く考えていると、抜けた歯の反対側の歯が伸びてきたり、隣り合っていた歯が倒れてきたりしてどんどん噛み合わせが悪化していきます。全身にトラブルが起こる前に、しっかり補綴(ほてつ)治療で失った歯の機能を補いましょう。

こんなクセがある方は要注意です

毎日の何気ないクセによって、噛み合わせは少しずつずれていきます。以下のようなクセをお持ちの方は気を付けましょう。

頬杖をつく 片側だけで噛む うつ伏せで寝る
頬杖をつく 片側だけで噛む うつ伏せで寝る
爪を噛む 足を組む 同じ側でバッグを持つ
爪を噛む 足を組む 同じ側でバッグを持つ

当院の咬合調整

補綴治療

すでに入れている詰め物・被せ物を削って高さを合わせたり、新たに患者さんのお口に合った補綴物を入れたりします。顎のバランスが整う位置で高さを合わせることで、痛みや違和感を解消します。

スプリント療法

患者さんの歯型を採取して制作したマウスピース状の装置を継続して装着することで噛み合わせを改善する方法です。定期的に調整を行い、少しずつ顎のバランスを整えます。就寝時に装着するので、歯ぎしりや食いしばりなどの予防にも効果的です。

入れ歯の調整

部分入れ歯や総義歯の患者様も正しい噛み合わせに導いていくためにチェックは大切です。

スポーツ時のケガはマウスガードで予防

当院では、スポーツ時のケガ(脳しんとう・歯の破折・口腔組織の外傷など)を予防するためのマウスガードをご用意しています。専用のドイツ製機械でオーダーメイド製作をしているので、ぴったり入って外れにくく、違和感や使いにくさもありません。カラーは全10色で、名前入れも可能。部活動に励む学生さんにも本格的に取り組んでいるアスリートの方にも、安心してお使いいただける製品です。

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック