よく噛むってなぜ大事なの?

こんにちは。新桜ヶ丘にあります。
エミデンタルクリニックの岸です。

今回は、よく噛んで食べるのは良い事と知っていても、実際どんなメリットがあるのか、ご存知ない方もいると思います。

メリット1 噛む事で歯、顎の骨、関節、筋肉が強くなる

良く噛むには、歯、顎の骨、顎の関節、ほっぺた、顎を動かす筋肉、口の周りの筋肉、舌、唇など、噛む事によって鍛えられます。

メリット2 噛むと唾液が出る
唾液は汚いと思ってる方もいるかと思いますが、唾液は口の中の食べカスや、バイ菌を洗い流してくれます。又、唾液は歯と同じ成分が含まれるので、初期の虫歯を治す働きがあります。

メリット3 しっかり噛める事で、力を出す事ができ、運動能力も上がる

奥歯でしっかり噛む事が出来ると、食いしばる事ができるので、強い力を発揮出来る。よく噛む事で、歯や、顎の骨だけじゃなく、体の筋力も上がります。

メリット4 食べ過ぎの抑制

よく噛む事で、満腹中枢を刺激して満腹感を得られます。柔らかい物だったり、よく噛まずに食べると、その分余計に食べてしまいます。

メリット5 噛む事で脳が活性化
よく噛むと、脳への血流が良くなる事で、脳の活動が活発になり、集中力が増し記憶力もアップ。朝食を摂る事で眠気もさめる。

メリット6 歯並びにも良い

噛めば噛むほど、顎の骨は育ちます。
永久歯の生え変わりの時、歯が生えるスペースがしっかりあれば、悪い歯並びを予防出来ます。

お子さまは、柔らかいメニューを好みますが、ごぼう等の根菜、するめなど、硬いものも食べさせる様にしましょう。

噛むというと、お食事だけのイメージがありますが、骨や筋力をつけたり、唾液の分泌を促したりと、沢山の働きがあります。

噛むことのメリットを知って、お食事すると、より健康になると思うので、覚えておくと良いですね。

マイナンバーカードが使えるようになりました!!

こんにちは、保土ケ谷区新桜ヶ丘にあるエミデンタルクリニック、竹原です。

今月から当院でもマイナンバーカードが利用出来るようになりました。


これにより保険証をお持ち頂かなくてもマイナンバーカードを保険証としてお使いいただけます。
また限度額認定証やお薬手帳もマイナンバーカード1枚でOKとなります。

使い方はとっても簡単!!

①マイナンバーカードをカードリーダーに置く。
②確認方法を選ぶ。
暗証番号か顔認証、お好きな方を選ぶ。
③「過去の情報を利用いたします」
同意するを選ぶと過去の薬剤情報が利用出来るようになります。
④限度額認定証をお持ちの方は「高額療養費制度を利用」を押す。
「限度額情報を提供しますか?」に提供するを選ぶと高額療養費制度が利用出来ます。
これで終了です。

顔認証はマスクをしていても、帽子を被っていても大丈夫です。

限度額認定証やお薬手帳がいらなくなるのはとても便利ですね。
作ったけど使い道がないという方は、是非当院で利用してみて下さいね。
わからなければ遠慮なくスタッフにお尋ね下さい。

とっ、取れたっ!!

新桜ヶ丘にありますエミデンタルクリニックの岸です。

今回は、先日起きた出来事をお話ししたいと思います。

先日、右上の被せ物が土台ごと取れてしまいました。
(ちなみに、スルメイカを食べていました笑)

元々この歯は、手前側に壁になる歯が無く、とても弱い歯だと先生から言われていて、ファイバーコア(しなやかで、噛む力を吸収し易く、自身の歯にも優しく、強い素材。保険適用外)を入れて、何とか抜かずに保存出来ている歯でした。

先生に事情を話した所、時間があったら診てみようと言って頂けました。

この時私は、歯の根っこが弱いので、抜歯になるのでは、、、ととても不安な気持ちでした。

診て頂いた所、幸い根は折れてなく、再装着でき、ひと安心しました、、、

久しぶりに患者様側の立場になってみて、治療の内容が分かっていても、とても不安になるし、緊張するものだと改めて思いました。

ましてや、これから何をするんだろうという患者様は、とても不安なんだなと感じました。

先生も、先輩スタッフも歯の状況を丁寧に説明してくれたので、とても安心しました。

因みに硬いものを同じ所で噛んでしまうと、特に神経を取った歯は健康な歯に比べて、弱いので根っこが折れてしまう事もあります。

そうすると、最悪の場合、抜歯をしなくてはならなくなります。

皆さんもご注意下さい。

今回のことで、通院中の患者様、これから受診を考えている患者様に、どんな声掛けや、対応をしたら良いか、考える良い機会になりました。

これからもっと、患者様に寄り添えるスタッフになりたいと思います。

また、何かお口のお困りごとがありましたら、お気軽に、エミデンタルクリニックにいらして下さいね。

お待ちしております。

うがいは大事!!

こんにちは、保土ケ谷区新桜ヶ丘にあるエミデンタルクリニックです。

エミデンタルクリニックではただいま患者様に治療が始まる前にうがい薬を使ってのうがいをお願いしております。

コロナやインフルエンザ等のウイルス感染から身を守るために有効だと言われているのが、

マスク・手洗い・手の消毒・ワクチン接種 うがいです。
実はウイルスは口からも入り込みます。

口の中に入ったウイルスが喉の粘膜細胞に取り付くまでにはタイムラグがあります。
そこでうがいをすることで、お口の中にいるウイルスを外に追い出すことで少しでも感染リスクを下げる事が出来ます。
これはコロナウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪にも有効的です。

こちらは抗菌作用があるマウスウォッシュです。
コンクール¥1100

またうがいにはブクブクうがいガラガラうがいがあります。

ブクブクうがいはお口の中に残った食べかすや汚れを取り除くのに有効です。
お口に水を少し含み、上下左右お水がお口の中全体に行き渡らせるようにブクブクうがいをします。

ブクブクブクブク

ガラガラうがいは喉に付着したほこりや細菌、ウイルス等を取り除くのに有効です。
お口に水を含ませて頭を後ろにのけぞらせて、呼吸を吐きながらガラガラとうがいをします。

ガラガラガラガラガラ

歯を磨く時はブクブクうがい、外から帰ってきたらガラガラうがいをして、コロナやインフルエンザを乗り切りましょう!!

口臭について知っておこう3

こんにちは。
新桜ヶ丘にあります、
エミデンタルクリニックの岸です。

今回は、日々どんな事に気をつけたら、
口臭を撃退する事ができるのか、まとめとして、お伝えしたいと思います。

①歯周病の治療をしましょう
歯周ポケットの中で歯周病菌を培養する事のない様にしましょう。

歯周病が進行すると、お口からは、
タンパク質が分解される腐敗臭(病的口臭)
がしてきます。

②3ヶ月〜半年に一度は歯石を取りましょう
歯周病でない方も定期的に歯石を取りましょう。
歯石やプラークは知らないうちに歯周炎の原因になってしまいます。

③1日3回歯磨きをしましょう
口臭を減らすには、短時間でも何度も歯磨きすると効果的です。
1日3回、どんなに忙しくても最低1分半以上の歯磨きをしましょう
後、歯磨き粉のミントの清涼感にはご注意を。
スッキリ爽やかな香りは一瞬で、口臭予防には効果はありません。

④舌のそうじを習慣にしましょう(赤文字)
口臭の60%は舌についた舌苔から発生しています。
舌苔についた細菌を減らし、口臭ガスの発生を抑えるために、舌のブラッシングを毎日のケアに取り入れましょう。

ただし、舌は柔らかく傷つきやすいので、
ゴシゴシ擦らないようにしましょう。

⑤フロスも毎日使いましょう
歯ブラシは歯の表面を磨くのには優れた力を発揮しますが、歯間の掃除は苦手です。
そこで、毎日歯間に溜まったプラークを取り除きましょう。
フロスを使うとセルフケアの質が格段に良くなります。

①〜⑤をしっかり定着させると、
口臭だけでなく、歯周病やむし歯も予防出来るので、是非皆さんもやってみて下さいね。

マスクをつけるとニオイ気になりませんか?

こんにちは、保土ヶ谷区新桜ヶ丘にあります、エミデンタルクリニックです。

最近口臭が気になる方がいらっしゃいます。
それはマスクのせいかもしれません。

「もしかしてマスクのせい??」


マスクをする機会が増え、いつの間にか鼻ではなくお口で息をしている方が多くなっているようです。
口で息をすると、お口の中が乾燥し、唾液が少なくなります。
唾液には殺菌・抗菌作用があり、お口の中の汚れや細菌を洗い流しています。
そのためお口で息をしていると、虫歯になりやすくなると言われています。


またお口の細菌は食べ物と一緒に飲み込まれ腸内のバランスが乱れ、全身の免疫力を弱めたり、また肺炎やコロナウイルスの感染リスクも高くなると言われています。
口で息をしている!!と思った方、意識的に鼻で呼吸してみて下さい。

またお口が乾く方はこまめに水を飲んだり、うがい薬を活用するのもいいでしょう。
エミデンタルクリニックでは口臭予防に最適な殺菌剤不使用でお子さまでも使える
ラクレッシュL8020と、キシリトール100%使用の歯科専売のキシリトールガムを販売しております。


ご興味のある方はぜひスタッフまで。

嬉しい患者様の声

こんにちは。

新桜ヶ丘にあります、エミデンタルクリニックの岸です。

今回は口臭について知っておこう3に変わり、
先日、こちらにお見えになった患者様のお話をしたいと思います。

急患でいらした患者様は、
歯が痛いという事と、2年近く、入れ歯が痛くて使えていないとの事。

以前通っていた医院は、
事情があり通えなくなってしまい、
それ以降、どこの医院に行ったら良いか分からず、困っていたそう。

そうしているうちに、ついに歯が痛くなり、どうしたら良いか分からず、娘さんに相談され、エミデンタルクリニックを紹介頂き、来院されました。

お痛みがある歯は、抜歯しないといけない状況だったのですが、入れ歯が痛くて全く入れられず、ずっとお食事も出来ないとの事で、まずは、お食事が出来るように入れ歯を調整。

上下の高さのバランスが悪い所を、その日のうちに、時間を充分にかけて、改善し、
当たって痛い所を修理し、
入れ歯を入れてお食事が出来るようになりました。

長い期間、どの医院に行ったら良いか分からず、そして、お食事にも不自由していたとの事で、大変助かりましたと、先生の手を取られ、嬉しいお言葉を頂きました。

お帰りの受付でも、
本当にありがとうと言って頂き、
私も嬉しい気持ちになりました。

こう言ったお声を頂くと、
スタッフとして大変励みになります。

これからも一層、患者様に喜んで貰えるよう、頑張ります。

次回は、口臭について知っておこう3
をお届けします。

口臭について知っておこう2

こんにちは。

新桜ヶ丘にあります

エミデンタルクリニックの岸です。

今回は前回に引き続き、

口臭についてお話ししたいと思います。

前回は「口臭の種類と原因」についてお話ししました。

前回のお話はこちら

今回は「口臭を防ぐ方法」についてお話しします。

まず、生理的口臭を防ぐには・・・

朝起きた後、しっかり食事(固形物)を摂り(よく咀嚼し)唾液をしっかり出しましょう。

続いて、病的口臭(腐敗臭)を防ぐには・・・

ひとつ目は原因となる『歯周炎』を治療すること

そして、もうひとつは『舌苔』を取り除くことです。

『舌苔』とは、舌についているクリーム色の物のことです。

では、なぜ『舌苔』を取り除く必要があるのかといいますと・・・

①病的口臭(腐敗臭)の正体は主に口の中のタンパク質が細菌によって分解される(腐敗する)ことにより発生する「悪臭のガス」である。

②『舌苔』は、この発生原因である細菌とタンパク質で出来ている。

③細菌はタンパク質をエサにして(分解して養分を吸収して)繁殖する。

つまり、舌についている『舌苔』は口臭(腐敗臭)の原因となる細菌の温床(エサがあるとても居心地の良い場所)になっており、それゆえに病的口臭(腐敗臭)の発生原因となっているのです。

なので、病的口臭(腐敗臭)を元から絶つには『舌苔』を根こそぎ取り除くのが効果的です。

『舌苔』を取り除くには、下の画像のような「舌ブラシ」がオススメです。

では「舌ブラシ」を使って『舌苔』を取り除く方法をご紹介します。

①舌を思いっきり、ベーッと出して息を止めます。

②舌がいちばん盛り上がったところから数ミリ奥のあたりにブラシをあてます。

③舌の先に向かって軽いタッチでスーッとブラシを動かします。

これを数回繰り返します。

このようにして「舌ブラシ」で『舌苔』を取り除けば、病的口臭(腐敗臭)だけでなく生理的口臭も減らす事が出来ます。

なので、病的口臭(腐敗臭)にお悩みの方はもちろん、生理的口臭予防のために健康なお口の方も毎日の習慣にすることをおすすめします。

ちなみに、上の画像の「舌ブラシ」は当院おすすめの商品です。

もちろん当院でも販売しております。

価格は税込み 270円

どうやら、スーパーやドラックストアなどではちょうど良い「舌ブラシ」がなかなか手に入りにくいようで、おかげさまでこの「舌ブラシ」は当院のヒット商品です♪

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

では、次回は「口臭撃退法」について、お話ししたいと思います。

コロナワクチンと歯科治療について

コロナワクチン接種が進んできましたね。
私たちスタッフ全員打ち終わりました。
副反応は人それぞれで、何ともない人もいれば、丸2日以上寝込んだスタッフもおりました。


今回はコロナワクチンと歯科治療についてです。


よく聞かれるのが「ワクチン打つんだけど治療しても大丈夫?」です。
基本的にワクチン接種の前後に治療は問題ありません
しかし当日や次の日には副反応(腕の痛みや頭痛、発熱)が出る場合が多いので、おうちで安静にするのがいいかもしれません。
また一般的に抜歯などの外科的な処置は、ワクチン接種後1週間は控えたほうがいいと言われています。
特に2回目の摂取は1回目よりも副反応が強く出る方がほとんどです。
1~2日はおうちで安静にしましょう。


またお薬についてですが、接種後に発熱や頭痛などの副反応が出た場合は、アセトアミノフェン系のカロナール、市販薬ですとタイレノールAバファリンルナjが良いと言われています。
しかし最近では厚生労働省及びアメリカ疾病対策センターはロキソニンを含む全ての解熱鎮痛剤の使用は問題ないと報告されています。
カロナールはロキソニン等と比べて効果が弱くて効かないという方は、我慢せずロキソニン等を使用しましょう。

ワクチン接種を予定されている方で、歯科治療や薬についてご心配な事があれば、お気軽にご相談下さい。